HOME > よくある質問

FAQ

よくある質問

よくある質問

手造り試作の納期はどれ位で出来ますか?

加工内容にもよりますが、マシニングセンター他、多数設備を揃えており、短納期対応しております。

写真の部品で約2日

どの位の大きさまで加工出来ますか?

マシニングセンター   X:1070 Y:540  Z:560 (機械移動量) 
ワイヤーカット      X:750  Y:500  Z:500 (機械移動量)

アルマイト処理はどの位の大きさまで出来ますか?

石岡工場    約W:900 × L:600(試作的には)
          約W:400 × L:500(量産的には)
川口工場    約W:1200 × L:1650(試作的には)
          約W:300 × L:1650(量産的には)

量産の最少ロットはいくつ位からですか?

手造り試作的な「1台」でも承っております。
また金型も仮型を製作し、あるいはレーザーカットやマシニングセンター
で加工し、アルマイト表面処理も少量用の設備があります。

切削加工して、それに板金のブラケットを組み付けたいのですが?

マシニングセンター、レーザーカット、NCベンダーがありますので、よく組立てたり、カシメたりして納品しています。

アルマイトって何ですか?

アルマイトは「陽極酸化処理」と言われ、その名と通りワークに「+」の電気を流し、0.01〜0.03μの孔を化学的に明け、皮膜(膜厚〜約30μ)を生成し染料(顔料ではなく)を浸透させ染色。その後、その孔のシーリングを行います(封孔処理)。

対象的にメッキはワークが陰極で溶媒し塗装のように膜厚が太ります。対してアルマイト処理は基本的にエッチングと同じで、皮膜を厚くするにはワークが痩せる(ワークを浸食させる)方向です。
生成された皮膜は、防錆、加飾(デザイン)性に富み、意匠部品、メカ部品に用いられます。


ページの終了